UTokyoNY
  1. UTokyoNY
  2. アーカイブ
  3. 「2022 COMMON GROUND Symposium in NYC」開催報告

News

SEMINAR

2022.10.27

「2022 COMMON GROUND Symposium in NYC」開催報告

東京大学生産技術研究所は、2022年10月13日(木)夕刻(日本時間14日早朝)に、「2022 COMMON GROUND Symposium in NYC」を、東京大学ニューヨークオフィスに程近いCornell Techキャンパス内のVerizon Executive Education Centerで開催しました。

実空間の建築・都市・地域をサイバー空間上に精緻に再現し、両空間の自在な相互連携の基盤となるコモングラウンドをテーマとした今回のシンポジウムは、日米のアカデミアや産業界から多くの方々に会場へご参加、またはオンラインでご視聴いただきました。

当日は、岡部 徹 生産技術研究所所長による開会の挨拶の後、野城 智也 同研究所教授から、シンポジウム開催にあたり、コモングラウンドの構築、オープンプラットフォーム化を目指し、アカデミア・産業界によるグローバルで包括的なアプローチを呼びかける形で始まりました。

最初に、豊田 啓介 同研究所特任教授と、三宅 陽一郎 同研究所特任教授が、多岐にわたる領域で発展する空間記述・空間認識、反応・制御を変換し、自在に相互連携していくための仕組みの基盤となるコモングランドと、そのベースにゲームエンジン・AIを適用した最先端の研究について基調講演をおこないました。

その後、米国のアカデミアおよび産業界から4名のパネリストを招いて、豊田特任教授をモデレーターとして、活発な議論が交わされました。コモングラウンドの今後のロードマップ、オープンプラットフォーム化、実空間とデジタル空間の融合などにより生み出される様々な可能性や、将来に向けてのコラボレーションを大いに期待させつつ、盛会の内に終了いたしました。

ゲストパネリスト:

Fabio DUARTE - Principal Research Scientist, MIT Senseable City Lab, MIT

Rodger LUO - Principal AI Researcher, AI Lab, Autodesk Inc.

John CERONE - Principal, SHoP Architects

Ivan PANUSHEV – Principal Partner Solutions Architect, Engineering, Construction & Real Estate, Amazon Web Services, Inc.

CommonGround_1

CommonGround_2

CommonGround_3